歩行グラフィック わどあつめ

ロゴ

 

※こんなゲームはありません

 

イントロダクション ワドルディとは

ワドルディ
星のカービィシリーズ皆勤賞にして、もっとも有名なザコ敵キャラクターである。見た目は
カービィと同じくまんまる一頭身で、身体は赤いが顔面は肌色。これが地肌なのかは不明。

 

特筆すべきはその種類の多さ。初代「星のカービィ」の時点で既にパラソルをもった個体が

登場しており、その後は新作が発売されるたびに、どんどん新しい種類が増え続けている。
ビッグワドルディやゴールデンワドルディなど、身体の構造レベルで異なるものもあれば、
パラソルワドルディやヤリワドルディのように、武器の種類で区別されているものもある。

 

また、プププランドから遠く離れた場所に生きる、ハルカンドルディやセクトルディなどの
ザコ兵士ポジションのキャラクターを亜種扱いとするケースもあり、正確な分類は難しい。

 

※本ブログで既に登場済みのワドルディをお求めの場合は、以下のページをご参照下さい。
・普通のワドルディ   → カービィと仲間たち
・パラソルワドルディ  → ヘルパーズ1
・ラボトリィ      → ハルトマンワークスカンパニー

 

スプライト スプライト

 

バンダナワドルディ [Bandana Waddle Dee]

バンダナ
青いバンダナを巻いたワドルディ。「大王の逆襲」にて、マジモードになったデデデ大王の
子分として初登場。その後「Wii」でプレイアブルと化し、最近はすっかりサポート役。
得物はヤリ。カービィとほぼ同等に武器を扱える、トップクラスに強いワドルディである。

 

ゴールデンワドルディ [Gold Waddle Dee]

ゴールデン

黄金に光り輝くワドルディ。宝箱を持っているがすぐに逃げるので、急いで攻撃して宝箱を
奪う必要がある。さしずめドラクエのメタルスライム。ちなみにカービィに倒されずとも、
逃げた先は大抵奈落、さもなくば罠が仕掛けてあり、どっちみち死ぬことに変わりはない。

 

ヤリワドルディ [Spear Waddle Dee]

ヤリ
ヤリを手に持ったワドルディ。相変わらず戦闘力は低めだが、数の多さで力をカバーする。
アニメでもワドルディの武器はヤリ。そりゃ普通城の警備に傘なんか使わんだろうけどさ。

 

トロッコワドルディ [Cart Waddle Dee]

トロッコ
トロッコに乗って、エアライドのコースを走っているワドルディ。マイペースでコトコトと
走っており、闘争心は微塵も感じられない。「64」でもカービィと二人乗りをしていた。

 

タフネスワドルディ [Tough Waddle Dee]

タフネス

白銀に光り輝くワドルディ。シリーズ恒例「コピー能力お試し部屋」に登場するコピー技の
練習台。いくら攻撃しても倒せず、さらに吸い込むことも不可能。もうタフネスのレベルを
遥かに超越しており、防御面に関してだけならば、間違いなく全ワドルディ中最強である。

 

ウォーカーワドルディ [Warker Waddle Dee]

ウォーカー

かわいらしい小型マシンに乗っているワドルディ。機械化に伴い歩くことすら機械任せに。
っていうか「ただ歩いてくるだけ」の奴から歩行を取ったら、もう何も残らないじゃない。

 

ワポッド [Wapod]

ワポッド
ツボから現れるワドルディっぽいオバケ。ツボを壊さない限り無限に現れるので「3」では
リックで踏みつけて、マリオの連続1UPみたいな遊びもできる。まあ残機は増えないが。
ひかわ博一の漫画では、2000にちなんだ事柄を褒め称える謎の「に仙人」として登場。

 

ビッグワドルディ [Big Waddle Dee]

ビッグ
大きなワドルディ。…別にそれ以上でもそれ以下でもないのだが、迫力だけは無駄にある。
「大迷宮」時代はがんばりすいこみの仕様がやや難ありだったので、些か面倒な敵だった。

 

ハルカンドルディ [Halcandra Waddle Dee]

ハルカンドルディ
ワドルディによく似た、ハルカンドラの住民。灰色の装束が特徴で、エッガーエンジンズの
機械の操作(人力)もお手のもの。どことなくマホロアに似ていて、怪しい雰囲気が漂う。

 

グランディ [Big Waddle Dee]

グランディ
巨大化し、より強くよりワイルドになったワドルディ。やっぱり行動はワドルディと同じ。

なんとなくドンキーコングっぽい。実は海外ではビッグワドルディと同じ扱いなんだそう。
また、同じような出生の敵に「デカブー」や「ママンティ」、「チップルス」などがいる。

 

ヘルメットワドルディ [Hardhat Waddle Dee]

ヘルメット
作業員のワドルディ。機械の身体に改造されなかっただけまだマシだったというべきか…。
アニメのカービィにも登場。デデデ大王の命により、アっという間に美術館を作り上げた。

 

ワドルディボール [Waddle Dee Ball]

ボール

魔女ドロシアの呪いでボールにされてしまったワドルディ。ただでさえひ弱なのに、手足を
奪われてさらなる弱体化…かと思いきや、呪いをかけたドロシアその人を倒してしまうほど
強い。まあワドルディが強いっていうか、ワドルディを操る魔法の絵筆が強いんだけどね。

 

木こりワドルディ [Lumberjack Waddle Dee]

きこり

巨大な木を伐採しているが、倒れたところに誰かいてもお構いなし。その恰好似合いすぎ。

 

ウォンキィ [Key Dee]

ウォンキィ
キャリーキーを持っている敵キャラクターで、「ゴールデンワドルディ」の後釜的な存在。
キーを手に入れるためには、彼を奈落やトラップなどから無事に守りきらなければならず、
ステージ中の彼とカービィはさながら要人とその護衛。つっても最後には倒されるけどね。

 

わどるどぅ

わどるどぅ

「刹那の見斬り」に登場する、旅人姿のワドルドゥ。見た目は強そうだが所詮はかませ犬。

 

黒服ワドルディ

黒服

谷口あさみの漫画より。カービィのピンチに、どこからともなく賄賂を持って駆けつけた。
賄賂の中身は金ではなく、ギャルがいっぱいいる『わくわく温泉』の無料チケットである。

 

 

 

※「水兵ワドルディ」「セクトルディ」は別のくくりで紹介します。カミングスーンです。