歩行グラフィック エスカルゴンまとめ

イントロダクション エスカルゴンとは

ドクター・エスカルゴン
アニメ「星のカービィ」に登場するキャラクター。見た目は紫色のカタツムリで、劇中では
デデデ大王の側近を務めている。普段はデデデ大王の悪だくみに加担するが、とばっちりを
食らうことも多く、内心かなりの不満を抱いている模様。そしてそれが悪口や暴力といった
形で、氷山の一角として露見することもしばしば。様々な発明品を作る優秀な頭脳をもつ。

 

アニメオリジナルのキャラクターだが、そのキャラクター故に今でも愛される存在である。
また「あつめて!カービィ」にはチョイ役として登場し、とうとうゲーム出演も果たした。

 

グラフィック

 

エスカルゴンのおっかさん

エスカルゴン母
エスカルゴンが大王になった(ウソだが)と聞き、故郷からやってきた。厳しさと優しさを
兼ね備え、ウソがばれた時も息子のことを怒らずに慰めつつも、デデデ大王に面と向かって
「バカ」と言い放った肝っ玉母さん。喜んだ時に言う「長生きはするもんだねぇ」が口癖。

 

エスカルゴン・ロボ

エスカルゴンロボ 半壊エスカルゴンロボ
デデデ大王の横暴な態度に怒ったエスカルゴンが、世話役をさせるために作ったロボット。
あらゆる命令に柔軟に対応できる高度な頭脳を搭載しているようだが、デデデ大王の乱暴な
扱いには耐えられず、破壊されてしまう。半壊しながら追いかけてくる様は恐怖そのもの。

 

エスカルゴン・ロボ2(戦闘ロボモード)

エスカルゴンロボ2魔獣モード
ナイトメア社の協力によって蘇ったエスカルゴン・ロボが、デデデ大王の手により魔獣化。
高速での飛行を可能とし、両腕からミサイルを発射する。エスカルゴンの意思とは無関係に
ププビレッジを襲撃したが、カービィの制裁により、こっぱみじんに破壊されてしまった。

 

ウミウシ大魔獣

ウミウシ魔獣 中の人
チャンネルDDDで放送された、やらせ番組に登場したウミウシ型の魔獣。着ぐるみの中に
エスカルゴンが入って演技している。ちなみにウミウシも、殻を失くした貝の仲間なので、
エスカルゴンに縁があると言えなくもない。それを意識してこの形にしたのかは不明だが。

 

焼きエスカルゴン(便宜名)

焼エスカルゴン
ギジラエキスを飲み込んだカービィが見たエスカルゴ料理の幻覚。このだいぶ後になって、
エスカルゴンはカラを割られるという最大の危機に遭うのだが、この時も相当危なかった。

 

ゴキカルゴン(便宜名)

ゴキカルゴン
殺虫剤「デデデキラー」のCMに登場する、ゴキブリに扮したエスカルゴン。実際に商品が
販売されているのかは不明だが、CM自体はカービィやトッコリ達に大ウケだったようだ。

 

※エスカルゴン本人のグラフィックはこちらにございます